病院案内

  • 医局
  • 看護部
  • 相談室
  • 作業療法(OT)部門
  • デイケア
  • 診療部門(薬局・検査室・放射線室・栄養室)

医局

医局は、以下三つの領域の診療に鋭意取り組んでいます。
① 都市型精神科病院として、精神科救急・急性期医療に力を入れています。多様な患者さまの疾患とニーズに応えるべく、つねに研鑽を積んでいます。
② 当院には地域に根ざした医療の歴史があります。急性期医療のみならず、慢性期リハビリテーション、地域移行、アウトリーチ、精神保健相談などを通して、地域医療への貢献を目指しています。
③ 高齢者・認知症医療はわれわれ共通の社会的課題です。より充実した医療と生活の援助に尽力しています。

具体的には、上記領域の一般治療はもちろんのことですが、mECT、クロザピン、rTMS(近日導入)、心理教育、集団精神療法、司法精神医療、措置・二次救急などの政策医療、アウトリーチ、保健相談所や福祉事務所の嘱託医活動、などを行っています。月平均の入院受け入れ数は63.4名です。多様な疾患、多様な年齢層の患者さまに対応しています。当院は歴史的には、治療共同体の理念をかかげて開放化運動に取り組んできました。現在も、患者さま・ご家族と多職種・地域関係者が共同して治療をすすめていく文化が生きている病院です。
現在、常勤と非常勤をあわせて二十数名の医師が勤務しています。当院の医師の出身大学、関心領域、専門領域は様々です。医局の特徴としては、医師同士の協力が密接であることがあげられます。多くの医師が当院で指定医・専門医を取得したのち継続して勤務しており、また他科から精神科に転科した医師も多数おります。初期の教育・研修だけでなく生涯教育・研修にも力を入れていきたいと考えています。なお、精神科専門医制度の基幹施設です。
希望に応じて、関連施設のこころのクリニック石神井で勤務することも可能です。

精神科疾患は、ご本人・ご家族の人生に大きな影響をあたえる疾患です。さまざまな人生のステージで、治療と生活と人生にコミットしていきたいと思っています。

 副院長 牛尾 敬


採用情報


ページ上部へ戻る

このページを印刷する

ページ上部へ戻る