陽和病院心理室





  心理室は、医師と4名の臨床心理士で構成されています。

  病棟や外来で、心理検査や心理療法(カウンセリング)を行っています。

  また、他職種と協同して、心理教育や集団精神療法を行っています。




◇心理検査
現在の心の状態、性格傾向、考え方や感じ方、得手不得手などを理解し、今後の治療に活かすために心理検査を行います。また「自分自身をもっと知りたい」という希望により行う場合もあります。

◇心理療法(カウンセリング)
医師の治療に併せ、必要に応じて行います。現在抱えている心の悩みや課題に対して、臨床心理士がお話をうかがい、ご自身のことについて振り返ったり、気持ちの整理をしながら、解決できるように一緒に取り組んでいきます。

◇心理教育プログラム
医師・看護師・作業療法士・薬剤師・精神保健福祉士と協同して、他職種でプログラムを運営しています。病気や薬の理解を深め、再発予防を目的とし、自分らしい暮らしと生き方を取り戻すことを目指した内容です。
急性期病棟では「服薬教室」(あすなろ会)というプログラムを、週1回(全6回1クール)を行っています。
慢性期病棟では「服薬教室」(木曜サークル)というプログラムを、週1回(全12回1クール)を行っています。

※心理検査、心理療法(カウンセリング)、心理教育をご希望の方は、主治医にご相談ください。


◇集団精神療法
慢性期開放病棟では、医師・看護師・作業療法士・薬剤師・精神保健福祉士と協同して、入院生活での課題や、入院されている皆様 が共有したいと思うことなどを話し合う、集団精神療法(さくら会)を週1回行っています。



外来の方へ 
心理検査・心理療法は医師の指示が必要です。診療の際にお申し出ください。
受診についてのお問い合わせは、当院の精神科ソーシャルワーカーまでお電話ください。
相談室直通電話 03-3923-0325