• サイトマップ
  • お問い合わせ

病棟紹介 外来


精神科外来医療の果たす役割は、入院生活から地域生活へ基盤が移り変わっている現状において大きくなり、今まで以上に柔軟な対応が求められています。
当院の外来における役割は、時代の変化とともに多様化しており、変化に対応できる外来の構築、そして、精神・身体状態、生活上の困りごとを把握して、その個人のニーズに対応した支援を展開するなかで、患者様個々とのコミュニケーションを密にして信頼関係をつくることが大切だと思います。患者様や家族の皆様においても目的観や価値観が多様化しており、常に状況に応じた対応が求められます。柔軟性と瞬時の判断力、そして専門性に優れた質の高い外来看護の実践を目指しています。




師長 浅川喜久次

位置付け
  • 患者様が障碍を持ちながらも、地域で安心してその人らしく生活し続けていくために、通院治療を支え当院の併設施設である「こころのクリニック石神井」や「北大泉訪問看護ステーション」「デイケア」とチームとしてのアセスメント能力を向上させ、情報共有やカンファレンスを通してさらなる連携を図り地域に根ざした病院としての役割を高めていきます。患者様の高齢化や加齢による障碍者に対し、医療と福祉を結ぶと共に、地域の方々と常に連携しながら病院と社会との窓口としての看護を展開しています。
看護の対象
  • 毎月1,200余名の方が通院されています。
  • 統合失調症・うつ病・双極性障害等の精神障碍、もの忘れ・認知症等の方とそのご家族を対象としています。
看護体制と看護方式
  • 外来スタッフ6名が担当をしています。
  • 外来診察が円滑に行えるように対応・電話相談への対応・面談や退院前カンファレンスへの参加などを行っています。
私たちはこのような看護を提供しています
  • 患者様や家族の皆様が、安心して治療や相談が受けられるように支援しています。
  • 多職種と連携して、退院後の治療や日常生活が円滑に営めるように援助していきます。
  • “笑顔”の対応・チームワーク” “精神科外来の確立”を模索し自己研鑽に心掛けています。

先輩から一言

外来看護は多種多様な役割があります。
患者様が来院した時からの様子で“今日は少しいつもと違うかな”と、なんとまく感じた事や外来スタッフ個々の実践や研鑽をチームとしてカンファレンス等で共有しながら、時代の変化へ積極的に取り組み看護の質を保ち向上させながら、地域に根ざした病院としての機能を高めたいと日々実践しています。