• サイトマップ
  • お問い合わせ


 地域支援室では、患者様やそのご家族が障がいがあってもその人らしく、地域で安定した生活が送れることを目指して支援しています。
 障がいを持つ方の中には状態が安定せず、心配や不安を抱えたまま地域で暮らしている方がいます。私たちはそういった方々に対し、往診や訪問看護など地域に出向く活動をしています。
 地域の社会資源を活用し、ご本人やご家族が安心して生活できる方法を一緒に考え、院内外の支援者と連携しながら支援を行っています。

主任 服部 寿子

対象
  • 陽和病院に通院、または入院中の患者様で、症状が不安定なために入退院を繰り返す方。
  • 医療中断により、症状が悪化する可能性がある方。
  • 精神疾患がある、または強く疑われるが自ら精神科医療機関を受診せず、そのために日常生活に困難が生じている方(アウトリーチ
チーム体制
  • 地域支援室担当医師、看護師、精神保健福祉士の多職種チーム。
私たちはこのような看護を提供しています
  • 精神医療機関を受診しない方に、往診や訪問看護を行い、医療につなぎます。
  • 外来に通院中で、生活面のフォローが必要な患者様へ、訪問看護や外出の支援を行っています。
  • 対処方法や今後の目標などを一緒に考え、安定した生活が送れるよう支援しています。
  • 入院中の患者様へ安心して退院し、地域で生活できるよう、入院中から病棟スタッフや地域の支援者と協働して退院支援を行っています。
  • 地域で暮らしている方やそのご家族、支援を行っている方々からのご相談をお受けしています。

ページトップへ戻る