• サイトマップ
  • お問い合わせ

病棟紹介 北2病棟

私達の病棟は、精神科救急(スーパー救急)病棟の役割を担っています。疾患や症状も様々で、年齢も10歳代から90歳代までと幅広い年齢層の患者様が入院されてくる病棟です。特に、興奮や拒否が強い状態の患者様をタイムリーに受け入れ出来るように準備しています。患者様お一人お一人が大切にされていると感じられるように接し、退院後も生きがいを持って生活できるように援助しています。

師長 尾村 義一

病棟概要

病棟機能
  • 定床:48床の精神科救急入院病棟(スーパー救急病棟)です。
  • 措置入院・夜間救急の患者様、主に急性期症状を呈した患者様を中心に入院治療を行なっている病棟です。
  • 身体合併症の方は速やかに専門病院への転院を検討し、つなげます。
  • 入院時より、早期退院、社会復帰を目指し、多職種と連携しています。
看護の対象
  • 興奮や拒否が強い等急性期症状を呈した患者様が多く入院されます。
  • 措置入院や医療保護入院となる患者様が多く入院されます。
  • 点滴等による集中治療を必要とする患者様が多く入院されます。
看護体制と看護方式
  • プライマリーナーシング(モジュール型)です。
  • カンファレンスを充実させています。
  • 3人夜勤+中勤体制で、夜間のケアの質の維持を工夫しています。
私たちはこのような看護を提供しています
  • 患者様それぞれの“個”を想い、考えながら丁寧、真摯に向き合う看護の提供に努めています。
  • 専門職として、看護アセスメント能力を高め、カンファレンスなどを通し、他職種や家族・行政等と積極的な連携を図りながら、早期退院、社会復帰が出来るよう看護を提供しています。

先輩から一言

新人からベテランまで幅広い年代のNSがそれぞれの強みを生かしながら協力して働いています。入退院が多く緊張感を求められる場面もありますが、休暇も取りやすく、ワークライフバランスを大切にしながら働くことができます。

  

對馬主任               酒井主任

 

ページトップへ戻る